専門医からの診療通信/うつ病の原因・セルフチェック・治療・お薬・経過から職場復帰までの情報

HOME > 専門医からの診療通信

うつ病の磁気刺激治療(rTMS)をたわらクリニック東京にて実施しています。

うつ病の磁気刺激治療(rTMS)をたわらクリニック東京で開始致しました。
現在の所、予約枠にまだ若干空きがございます。
1回約40分間頭部への磁気刺激を週5回、合計30回行うことで、
うつ病の改善を計る最先端の治療です。
抗うつ薬等の薬物療法で改善しなかった方、薬の副作用が強い方、
薬を飲みたくない方、運転等の業務で薬が服用できない方等に特に
お勧めな治療法です。
お問い合わせはお電話にて下記までお気軽にお願いします。
 

心療内科・精神科
たわらクリニック東京(東京駅徒歩3分、日本橋駅徒歩2分、大手町駅徒歩5分)
03-5542-1803

うつ病の磁気刺激療法(rTMS)をたわらクリニック東京にて、1月下旬から実施致します。

うつ病の磁気刺激療法(rTMS)を、たわらクリニック東京にて、1月下旬から実施致します。


1回40分の磁気刺激を週に5-6回、トータル30回程度実施することにより、抗うつ薬では
改善しなかったうつ症状の改善が期待できます。


副作用が少ない治療をご希望の方、長期間抗うつ薬を服用しても改善しない方、
薬の服用に抵抗がある方等にお勧めの治療法です。
 

現時点では保険診療が認められていないため、自費診療となります。


料金:1回 21,600円(税込)

 

問い合わせ先

たわらクリニック東京(東京駅徒歩3分、日本橋駅徒歩2分)

03-5542-1803

 

うつ病の磁気刺激治療(TMS)をたわらクリニック東京にて実施予定です

うつ病の磁気刺激療法(TMS)を、たわらクリニック東京にて実施予定です。


1回40分の磁気刺激を週に5-6回、トータル30回程度実施することにより、抗うつ薬では
改善しなかったうつ症状の改善が期待できます。
現時点では保険診療が認められていないため、自費診療となります。
実施時期、料金等の詳細が決まり次第お知らせ致します。

たわらクリニック東京(東京駅徒歩3分、日本橋駅徒歩2分)
03-5542-1803

 

うつ病の血液検査(PEA)を開始します

たわらクリニック東京(東京駅前)では、うつ病の血液検査を実施致します。
PEA(リン酸エタノールアミン)という物質がうつ病のバイオマーカとして現在研究が進められています。
うつ病患者では一般にPEAが低下しており、治療により徐々にPEAが上昇することが知られています。
PEA検査は現時点ではまだ保険が効かないため、自費診療となります。


費用 21,600円(税込)   

ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

たわらクリニック東京(東京駅徒歩3分、日本橋駅徒歩2分、大手町駅徒歩5分)
電話 03-5542-1803

ADHDの治験を始めました-当院での募集は締め切りました-

たわらクリニック東京(東京駅前)でADHD(注意欠陥多動性障害)の治験を始めました。

仕事や学業に集中できない、ミスや忘れ物が多い、計画をたてて実行することが苦手、

衝動買いをしてしまう、じっと座っていられない、片付けるのが苦手等の症状でお困りで、

治験への参加をご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

※18歳以上の方が対象です

◎当院での募集は締め切りました。ご参加ありがとうございました。

TMS治療

うつ病に罹患されている方で、薬を飲んでいるけどなかなか治らない、薬の副作用が強くて服用継続が難しいなどで
お困りの方は、TMS治療(経頭蓋磁気刺激法)を検討されてみてはどうでしょうか?
日本ではまだごく一部の医療機関でしか行われておらず、非常に費用が高い(保険適応では無いため)のがネックとなっています。
アメリカのロサンゼルス近郊にある、久賀谷先生(私の大学時代の先輩です)のクリニックでは、アメリカ滞在費用を考慮しても、日本よりも低コストでTMS治療が受けられるそうです。もちろん日本語も通じるため、言葉の心配もありません。
ご興味のあるかたは、左下のバナーリンクからお問い合わせ下さい。

 

うつ病は早期発見・早期治療が大切です

どんな病気でもそうだと思いますが、うつ病も早期発見・早期治療が大切です。

きちんと診断がなされないまま、抗不安薬などを長期服用されている方が多いように思います。

中々改善しないな、と思ったら、ぜひご相談下さい。

UTU-INFOサイトの公開にあたって

こちらでは、うつ病で悩む患者様、うつ病の疑いがある方々にとって有益な情報を書いていきたいと思います。

うつ病には原因が必ずあります。

その原因と向き合い、専門医に相談しながら治療を受けて治していくことが大事です。

少しでもお役に立てれば幸いです。

アーカイブ

このページのトップへ